第1826話:お越し下さいました

2017年11月23日 

先日昔からお付き合いある呉服製造卸業の若社長?さんと飲みに行ってきました(と言っても僕は飲めませんが)。主に話した内容は若手育成について・・。
オリンピックに向け国内だけでなく海外からも日本の伝統工芸が見直され他では出来ないオリジナルの良さを求めて来られるメーカーや消費者が多くなってきました。しかしネットやSNSの普及により経験がないまま間違った知識を持ってデザインしプロデュースすることで職人に対し無理な要求になってしまうことがあります。本来なら挑戦していくべき姿が職人だとは思いますが高齢となった職人に気持ちはあってもついていかない部分は多々あります。
“昔の考えでは今の時代に通用しない”確かにそうでが今の考えを昔の考えの人に求めるのも違うと思います。何が悪いのかではなく何が出来るのかが大事かなと思います。
時々学生さんや職人を目指してる人から仕事として成り立つのか聞かれることがあります。生計が成り立つかどうかが気になるならやめておいた方がいいと思います。何もできないうちからお金をくれる人なんていませんしまずはやってみないと何も始まらないと思います。

本日は「お越し下さいました」

▼今日はSOU・SOUスタッフの佐藤さんがお越し下さいました。

▼友禅や注染や絞りも経験があるそうです!

▼雪花絞りの手ぬぐいを畳んでもらいまして、後はご自身で持って帰って自分で染められます(^^)どのようになるかはSOU・SOUホームページ佐藤さんブログで見れるのかな?

▼そして関係ないですが、干し柿が何となく出来てきました!揉んだらいいそうなので恐る恐る握ると、、出来て来てるではありませんか!!ちょっと感動!!

佐藤さんありがとうございました!

たばた



第1825話:麻暖簾

2017年11月22日 

一気に寒くなってきましたね!そんな寒い中先日二条城の横を車で通るとすんごい行列が出来ておりました!!アートアクアリウムやったはるんですよね。二条城は歩いてでも行ける距離なのに37年間一度も入った事がないし行ってみたいなぁとは思いますが37年行かなかったってことはこれからも入ることは無いかな。しかしどこにいっても紅葉シーズンの京都は人が多いしパーキングも高いし、15分200円て!!ゆっくり喋ってられへんしサササッと見て、サササッと食って、サササッと車まで戻ったわ!!せわしないわ~。

本日は「麻暖簾」

麻小路さんからのご依頼で暖簾を絞ります。「真ん中に絞りを・・」とゆうことで麻耶紅梅を入れていきます。

▼かなり難易度の高い絞りになります。

▼迷いましたが渋めの赤紫で染色です。

▼このように!!完成です!!

麻小路さんのところで販売されます!その他にも麻の魅力たっぷりのお店です!!

たばた



第1823話:ノート

2017年11月8日 

制作するにあたってノートに記録することは大事な事です。授業ではまず観察してどのようなものを作りたいかをノートに書き込み染めてみます。染色後はノートに書いたものと実際に染めた物を比べてみんなで検証していくとゆう流れです。なぜこうなったのか?どのようにすればよかったのか?自分の作品だけでなく人の作品から学ぶこともたくさんあります。こういった事ができるのは学生の内だけですので休まずに頑張って下さい!

本日は「ノート」

▼制作ノートってありますか?と聞かれました。勿論あります!内容は人にせ見せれるようなものではないですが・・。

▼染色中にポタポタポタっと・・。ショック!!!と思っていましたが、皆さんからそれも勲章、アート、と言われるとなんだかカッコよく見えてきました。

秋を身近に感じました(^^)

たばた



第1821話:京都造形芸術大学 後期

2017年11月2日 

病気で母を亡くし父と二人で暮らす女子高生、高校生にもなると父親なんてうっとおしい存在になってくる方も多いのではと思います。“なんでいっつも同じ服着てんねん!!”SNSでつぶやいていましたが、ある日一枚の写真を見つけてこうつぶやいたそうです。
「父が、ボロボロになってもずっと気続けている服、新婚旅行に母と御揃いで着ていた物だと知った・・」。
この仕事を始めて少しした頃、道の駅で絞り染めのハンカチが売られているのを見てつけました。どこのだれが作ったのか正直そんなに上手とは思いませんでした。
しかし、それを作られたのは身体の不自由な方が職業訓練施設で作られたものと知りました。
何も知らずに評価を付けてしまったことに深く後悔したと同時に“凄い”と思い直したのは器用な人でも難しい絞りとゆうことを身を持って知っていたからです。
足を運ばなくても簡単に情報が手に入れる事が出来る世の中ですが、ものづくりにはストーリーがありそれを知る事で同じ結果でも見え方が変わることがあります。

本日は「京都造形芸術大学 後期」

▼授業では“板締め絞り”をテーマに皆さん頑張って取り組まれております。

IMG_1186 (640x480)

IMG_1187 (640x480)

IMG_1193 (640x480)

IMG_1196 (640x480)

IMG_1199 (480x640)

なんで?から、なるほど!に変わってくれば次のステップです!!

たばた



第1820話:着抜雪花絞り

2017年10月22日 

雨降りが続いてますね。こうも雨が続くと洗濯ものが乾かないのもありますが染色が追いつかなく干し場が溜まる一方です。

本日は「着抜雪花絞り」

▼着抜は仕上がりが読みにくいのですが、偶発的に出来るのが面白いです。

次は秋の色目で染めて見よう。

たばた