第1833話:雪花絞り 草衣

2018年1月30日 

非常にありがたいことに忙しくさせて頂きブログの更新が随分空いてしまいました。
誰かの分も何倍も頑張ろうと色んなことを削って意気込んで仕事に時間を費やしても限られた時間に一人の人間が出来る事にも限界を感じてきました。とゆうことで詳しくはまだお伝えできませんが若手職人達と一緒に頑張っていける環境をつくってもっともっとご期待に応えれるように進行中です。

特に今月は最強に忙しく、気が付けばもう一月終わり?・・です。そんな中先日ちょっと大きな買い物をしまして、仕事で使うものなのですがコレが届くのをここ数日非常に楽しみにしておりました。

そしてついに納品当日の雪降りの朝、配送業者さんから電話がかかってきました。

配送業者「田端さん、ちょっと場所がいまいち分かりませんでして、〇〇通りの・・これは二筋目を北に上がった通りになりますか?」

田端「家は二筋目なんですが、トラックは入れないので一筋目から入って来て頂いた方がいいです」

なんせ狭い入り組んだ路地のややこしいところなもので・・。

配送業者「ってことは、あっ、この酒屋さんのところですかね?」

田端「そこは違います。もう一本手前の・・・」

これは言うてるより行って誘導した方が早いな!!と思い喋りながら靴はいて、雪降ってるけど上着も着ずに家飛び出して、多分酒屋さんの近くで迷ってんのかな??

配送業者「あぁ、分かりました、分かりました!!!〇〇さんの隣ですね?」

田端「そうですそうです!!そこです!!」

配送業者「では14時までにはお伺いいたしますのでよろしくお願いします」

田端「・・・・」

田端「まだ出てへんのんか~い!!」

思わず言うてしもたわ!!先言うて!出る前やねんけどってことを!!

めっちゃテンション上げて雪降りの中薄着で飛び出して電話持ってキョロキョロして何事も無かったかのように帰るって・・。

その後家に届けてもらい無事に受け取ることが出来ました。この物はまた準備が整いましたらご紹介しようかと思います。

本日は「雪花 草衣」

▼今日はこちらを染めました!!草衣になるそうです。

IMG_1961.jpgasaasa (640x480)

しかし雪降りの染色は寒かった~

たばた



第1832話:京都造形芸術大学の皆さんが見学に来られました

2018年1月13日 

「えっ!これ、一つ一つ手で作っているんですか?」
工房見学に来られた方はこういうことを言われます。
何にでも美しく印刷することが当たり前の現代で一つ一つ絞っている姿を見れば驚く方も多いと思います。早くてキレイな印刷の方が効率も良ければ失敗のリスクも圧倒的に低い。だったらその方がいいと普通は思うんじゃないかな。手間暇かけて手づくりにこだわる理由ってなんだろ?伝統を守る理由ってなんだろ?本当の理由は僕自身分かっていないんじゃないかな

“失われつつある”が“失った”に変わるまでにはそう時間はありません。もっと深く考え今年は身を削ってでも人材育成に取り組んでいこうと思います。

本日は「京都造形芸術大学の皆さんが見学に来られました」

▼キーヤンの階段で皆で記念撮影!!

▼みんなでご近所の料理屋さんでお昼を頂きました!鳥茂さんありがとうございました!!

▼今年も都をどりで手ぬぐい販売されますので皆さん頑張っておられます!いいのが仕上がってきてますね~

京都造形芸術大学の皆さん、また一段と寒くなってきましたが体壊さないように頑張って下さい!!

たばた



第1831話:お越し下さいました

2018年1月6日 

寒中お見舞い申し上げます
早々のお年賀状ありがとうございました
昨年 私どもの祖母がなくなり新年のご挨拶を控えさせていただきました
欠礼のお知らせも申し上げず大変失礼いたしました
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

本日は「お越し下さいました」

▼昨年京都造形芸術大学で大変お世話になった皆様がお越し下さいました。仕事を見てもらったり、

▼VRで遊んだり、

楽しかった~!!また是非遊びに来て下さい!!!

たばた