第1895話:京都工芸繊維大学の学生さん

先日「2018京の伝統工芸―技と美―発表会」を見に京都工芸繊維大学に行ってきました。
工芸繊維大学の学生さんと引率の先生がグループごとに別れ「京絞り」「京金網」「調べ緒」「錺金具」「京からかみ」の工房を見学されました。
今の時代わざわざ弟子入りしなくてもネットで調べて、機械で同じものがたくさん作れてしまいます。一時のお金儲けだけを考えればそれがいいのかもしれません。
機械は毎年のように新型が登場します。誰でもできることは引き継がれることなく人任せになってしまうのかもしれません。
人から聞いた話は人の話。自分の目で見て自分の耳で聞くことで何を感じ、何を自分たちの心の中に残そうとしたのか、そして何を生み出そうとしているのかを発表されました。

本日は「京都工芸繊維大学の学生さん」

▼お越し下さった工芸繊維大学の学生さん。

今年一番暑い日の一番暑い時間帯でした。お疲れさまでした!!

たばた

LINEで送る