第1927話:八畳雪花

八畳雪花は頼まれてやるもんじゃないですね。
色んなリスクが生じます、、。

▼中々のミニサイズ。

今回は紺色と緑の組み合わせです。

たばた

LINEで送る

第1926話:八畳雪花

造形大の日ちょっと早く着いたので駐車場に停めて車内でゆっくりしてたんです。膝の上でお茶を飲もうと水筒の蓋を開けたらドバーッと茶が溢れ、最悪なことに股のところですわ。で、また濡れたら分かりやすい色の穿いてきてるし漏らしてるみたいやん!!やっべ〜パンツまで来てるわ、さすがにこのまま大学には入れんやろ。幸い時間は早いしエアコンで乾かすしかないと思って腰を上げて送風口に突き出してたらクラクションに肘が当たって、

ファン!!

向こうに停めてた先生が何してはんのやろみたいな感じでこっち見て目が合って、そりゃ見ますよね、見て!!みたいな感じで呼んだ感じになったので。
エアコンMAXでも車内が暑いだけで全然乾かへんやん!!仕方ないので上衣で隠して自然乾燥を待つとゆう事態。

授業までにはなんとか目立たないとこまで乾いて危ないとこでした。。

▼八畳はやっぱり難しい。けど中々いい感じです。

ピンクとオレンジを使って染めてみました。

たばた

LINEで送る

第1925話:麻生地雪花

▼ご希望の色は絹糸の色。素材や使う染料によって見え方が変わるので色合わせが難しいです。

中々いい感じにご希望に添えれたかと思います。

たばた

LINEで送る

第1924話:麻生地に

イオンのフードコートで飲食していた小学生くらいの男の子6.7人が食べ終わったあと皆んなで身の回りのゴミを拾い椅子やテーブルをキレイに吹いたあときちんと元の位置に戻していました。
偉い!学校や家で日頃からやってるんやろなぁ。

▼麻生地に雪花絞りのご依頼です。巾が広いので八畳で畳みます。

完成!次は染色です。

たばた

LINEで送る

第1923話:絞りボーダー

限られた期間内と限られたコスト内で量産が出来るかどうか。ここの判断を誤ると仕事として成り立たないだけでなく先方にも迷惑をかけてしまいます。と分かっていても後から予期せぬ色んな問題が出てくるもので、頑張っても頑張っても空回りをするのが大半です。

▼さておき、絞りでボーダーをとのご依頼でサンプルをいくつか染めています。

もう少し精度を高める事も可能ですが、色々考えると括りではこれくらいがいいのかと思います。

たばた

LINEで送る