第1992話:手ぬぐいフェス

芸の世界は若手の人や腕があっても食べられへん人たちも沢山居ます。自分で動いて自分で仕事を取って絞りに限らず色んな事せんと生きていけないですのでね。だから僕は自分では絞り職人なんて思ってないし伝統工芸士の資格を取ることにこだわりも持っていない。

毎日、明日は何しよかなってだけです。

手ぬぐいフェスのお知らせ

実行委員の方からお誘いを頂き参加することになりました!沢山染めて沢山持っていけたらいいなぁ、、。

たばた

LINEで送る

第1991話:虫

僕の授業で成績の付け方基準は「遅刻」と「忘れ物」の多いひとは信用しないです。あとは「後片付けが出来ているかどうか」これが一番大事です。なんなら片付けさえしていれば成績優秀を付けています。例え美味しい飲食店でも食器が汚れていたり厨房が散らかっていたらうんざりですよね!制作が良くても片付けしない人の作品を僕は綺麗とは思わないですしガッツリ下げます!!

▼梅雨ですね、蒸し暑い日が続きます。生き物にとっては恵みの雨なのか学校の教師にトンボが入ってきて生徒たちは大慌て、、さらに染め場に行くとカミキリムシが!!

虫捕りに夢中だった子供の頃を思い出す反面、大人になるとグロく感じる、、。

たばた

LINEで送る

第1989話:鼻緒

WholeLoveKyotoの鼻緒シューズの鼻緒を見せてもらいました。

▼どれも可愛いですね!!絞りなら更に可愛くなりますよ( ̄+ー ̄)

▼羊羹まで頂きまして、ありがとうございます。

京都の市バスカラーかな??

美味しく頂きました。

たばた

LINEで送る