第33話:ホタル絞り~その弐~

昨日に引き続き「ホタル絞り」のご紹介をさせて頂きます。

「ホタル絞り」の正式名称は「綿ぼうし絞り」といいます。
文字通りこの技法は綿を用いることによって防染効果を表す技法です。綿を生地に縫いつけた状態で染色すると綿の周辺部から少し内側へぼかし気味に染液が浸透し、中心部は完全に防染されます。染め上がった状態がほたるの光のように見えることから「ホタル絞り」とも呼ばれています。

▼本日ご紹介は材料2、「綿」の紹介です。昔は使わなくなった布団の綿で加工されているのをよく見ましたが、たばた絞りではフレッシュ!な綿を使います。

▼フレッシュカットします。

▼フレッシュストックです。

▼フレッシュです。

材料作りだけで綿のように疲れる思いですが、この二種類から生み出されるホタルはどのように光るのか明日も引き続きフレッシュな「ホタル絞り」をご紹介させて頂きます。

たばた

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です