2017年5月16日 

第1777話:傘

生地選びについて学生さんに話をしました。
良い絞りを仕上げるには土台となる生地選びは重要です。どれだけ頑丈な家を建てても地盤が悪ければ耐久年数は大きく変わります。建てたばかりのマンションが傾いているのに比べて数百年前から建っている歴史的建造物はなぜ未だに建っています。染色も同じで色落ちのしにくい染料や発色の良い染料を使用しても土台となる生地が悪ければ本来の染色ができなくなります。「色落ちがした」「ムラになって染まる」「キレイな色に染まらない」などの大抵は生地の状態が大きく左右しております。
状態の悪い生地を良くするにはコストがかかり時間を費やせばリスクも比例してきます。結果として悪く見えてしまうのは目に見えにくい地盤部分ではなく目立って傾いている建物も部分です。この地盤との向き合い方は大変重要です!

本日は「傘」

USAGIGUMOさんに傘を作って頂いております。一点づつ異なる模様合わせで雪花模様がさらに広がっております!

IMG_9327.JPGedee (640x640)

IMG_9328.JPGedeed (640x640)

ネットショップにて是非ご覧くださいませ。

たばた


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>