2018年1月13日 

第1832話:京都造形芸術大学の皆さんが見学に来られました

「えっ!これ、一つ一つ手で作っているんですか?」
工房見学に来られた方はこういうことを言われます。
何にでも美しく印刷することが当たり前の現代で一つ一つ絞っている姿を見れば驚く方も多いと思います。早くてキレイな印刷の方が効率も良ければ失敗のリスクも圧倒的に低い。だったらその方がいいと普通は思うんじゃないかな。手間暇かけて手づくりにこだわる理由ってなんだろ?伝統を守る理由ってなんだろ?本当の理由は僕自身分かっていないんじゃないかな

“失われつつある”が“失った”に変わるまでにはそう時間はありません。もっと深く考え今年は身を削ってでも人材育成に取り組んでいこうと思います。

本日は「京都造形芸術大学の皆さんが見学に来られました」

▼キーヤンの階段で皆で記念撮影!!

▼みんなでご近所の料理屋さんでお昼を頂きました!鳥茂さんありがとうございました!!

▼今年も都をどりで手ぬぐい販売されますので皆さん頑張っておられます!いいのが仕上がってきてますね~

京都造形芸術大学の皆さん、また一段と寒くなってきましたが体壊さないように頑張って下さい!!

たばた



2018年1月6日 

第1831話:お越し下さいました

寒中お見舞い申し上げます
早々のお年賀状ありがとうございました
昨年 私どもの祖母がなくなり新年のご挨拶を控えさせていただきました
欠礼のお知らせも申し上げず大変失礼いたしました
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

本日は「お越し下さいました」

▼昨年京都造形芸術大学で大変お世話になった皆様がお越し下さいました。仕事を見てもらったり、

▼VRで遊んだり、

楽しかった~!!また是非遊びに来て下さい!!!

たばた



2017年12月31日 

第1830話:12月お越し下さいました

年末といえば毎年格闘技を見に行っていました。今年は特に忘年会も無かったし、
仕事して、風呂入って、みかんでも食べようかな。

本日は「12月お越し下さいました」

▼12月の初めに村地工務店の義博くん夫妻が来られました!!

▼そして、ネイルサロン藍rishの山田さん!

▼そしてJUNの企画スタッフさん方。

皆様今年一年ありがとうございました。
良いお年を!!

たばた



2017年12月8日 

第1829話:暖簾

“掃除”と“整理整頓”はモノづくりの基本ですよね。汚れて散らかったところでキレイなものは作れないですよね!!とはいえ・・こまめに掃除や整理整頓をしてもほんと散らかるし、生地を扱ってると埃が出まくるし一人では大変です・・。

本日は「暖簾」

▼ご依頼の暖簾のイメージはこのように縦に半分を藍色に染め分けたいとの事でした。
)

▼歪むことなく真っ直ぐ染め分けたいので粗目に糸入れをします。

▼本来絞りで大きな模様を表現する際は桶を使った桶絞りを施しますが、以前に巻いた30紙芯がありましたのでこちらを使って帽子絞りを施しました。

▼藍色に染色!
)

▼際までしっかり染まるようにナイロンをめくり上げて糸で留めております。

▼かなり大きな芯を使っていたので普通の括り方では染料が入るかと思いますが紙芯を使って括りは下から糸を回して転がしながら締め上げるとゆう言葉では伝わらない技法で締め上げました。
)

▼解くとこのように。(画像では合わせ方が逆でした。縫製は中が生成りで両サイドが藍色になります)

絞る際は力でけではありません。

たばた



2017年12月6日 

第1828話:ホタル絞り

深夜0時頃からソファで寝てしまって気が付いたら午前4時。
しまった・・やってもうた・・。鼻炎・・。

本日は「ホタル絞り」

▼この日は西小路さんに来て頂き元祖ホタル絞りを教わりました。

絞りには材料やコストを考えると現代では出来ない技法も沢山あります。
見れる時に見ないと見れなくなってから見たいでは遅いですよね。

たばた