2017年7月19日 

第1799話:八畳二等辺雪花絞り

暑い日が続いておりますね!セミも鳴き始め夏が始まりました。
祇園祭では雪花絞りの浴衣を着ておられる方を結構お見かけしました!あんまりずっと見ていると“何あの人!めっちゃ見てくるやん!”ってなりますのが、染める工程や反物は毎日見ておりますが御仕立後の雪花絞りを見る機会はほとんどありませんので、やっぱり見ますよね~。

本日は「八畳二等辺雪花絞り」

▼先日「こんなの出来ませんか?」と尋ねて来られました!

難しそうですが・・、たぶんできます・・以前僕が染めたやつなので。

▼八畳二等辺雪花絞り完成です。

雪花絞りは生地の見極めが重要で、今回御持ち頂いた生地は雪花との相性が良い生地でキレイに染まりました。

たばた



2017年7月18日 

第1798話:講義に行ってきました

良く聞く話ですが売れない呉服屋さんと提携してしまうと“もっと新しいモノ”を“もっと凝ったモノ”と言われます。“もっとキレイに”“もっと色を合わせろ”職人がどんどん追い詰められます。完璧を求めるなら僕は絞りじゃなくプリントや印刷でいいと思いますが。手直し手直しで手間暇を掛けてようやく完璧なものを仕上がると次は“完璧過ぎて味が無い”“新しいモノを出したら前のが古いと言われた”“売れないモノを作るな”“何でもいいから売れるものを作れ”“売れないから買い取れ”と。景気が悪いので当たる気持ちは分かりますがちょっと悲しいです。
手間を掛ければ必ずしも良い物が出来るとは限らず値段も高くなり作れる量も減ります。絞りはシンプルなデザインでも十分に魅力があると思います。とは言え、水玉の絞りが簡単なものではなく堅牢度の高い染料で綺麗な水玉の絞り同じ色目で量産することは簡単そうに見えますが実は超絶難しいのですが。伝統も需要と共に人材も材料も失われつつあります。「時代遅れ」、「もう滅びてもいい」と言われる事もありますが、人が人を思って作る日本の技術、大事に守っていこうと思います。

「講義に行ってきました」

▼京都工芸繊維大学!雪花絞りの畳みをお願いしてますHさんの御主人も来て下さいました!!講義で頭いっぱいだった為僕は写真を一枚も取れず・・画像はHさんに頂きました。ありがとうございました!

▼「千年の都京都に古くから伝わる伝統を継承」とゆうテーマで講義。緊張しましたがまぁまぁまとめられたか・・う~ん、どうだか。

▼晩に気合を入れて祇園祭行ってきました、人の多さ・・・・、暑い・・・・・、

▼けど鉾も見れたし、

▼キーヤンの絵も見れたし、よかった~!!

人をかき分け押すな押すなの人ごみで、バッタリSOU・SOU若林さんと出会いビックリ!!
何万人の人ごみでバッタリ出会います?これドラマなら恋の始まりですよ!!

たばた



2017年7月13日 

第1797話:京都工芸繊維大学

ブライダルの音響をしていた頃、結婚式って新郎新婦にとっては人生で一度きりの大事な日でその瞬間はたった一度きり、緊張の毎日で一気に白髪が増えました。幸いハゲなかったのですが緊張と重圧から解放された帰りの電車の中で倒れた事もあったり・・。
緊張感は今も持つようにしています。当然ですがやり直せばいいからこれぐらいにしておこうとゆう気持ちでは取り組んでいません。今逃せばチャンスなんて二度と来ないかもしれない!有り難いことに僕は数えきれないほど毎日大量に絞っています。ですがそれを手にする方からすると数ある商品の中から選んで下さった一点!一つ絞るその瞬間とゆうのはリハーサルではなく常に本番で取り組んでおります。

本日は「京都工芸繊維大学」

▼京都工芸繊維大学の先生と生徒さんが絞り染めの見学に来られました。

▼そしてバリバリ絞っておりますのが「衿巻薙刀長方形衣」。これから解き作業です!

学生さんがよく見学されに来られるようになりました。皆さん本当に熱心で僕自身も見習わなければと思います。今日とゆう日は二度と来ないのでどんどんぶつかっていって下さい!

たばた



2017年7月7日 

第1796話:雪花絞り浴衣

七夕ですね。たなばた・・たなばた・・たなばた・・・たば・た・・・。

短冊に書かれた願いを見て見ますと、

「ポジティブになります!」
ネガティブ思考であることに悩み続けよりネガティブになっていくという方もおられますがこれは人生変わりますよね!

「素敵な人と結婚できますように」
これは無理です!全員が“素敵な人”を希望するわけですから“できますように”ではなく
「素敵な人と結婚させてくれ!」と書いた方が効果的だと思います。

「別れた彼が幸せになりますように」
願いではなく怨念ですね。誰も幸せになれないパターンなので「別れた彼がうらやむ幸せ者になる!」にしましょう!!

「おとうさんがはやくわるいおんなのひととわかれてほしい」
この類の願い多いです!これは病気なので「お父さんの麻酔が早く切れますように」がいいです。

「お金をくれるおばあちゃんが病気になりませんように」
複雑な気持ちになりますが、この子にとって“お金=幸せ”ですから「幸せをくれるおばあちゃんが病気になりませんように」とゆう解釈がいいと思います。

その他にもユーモアのある願い事がたくさん書かれていました。自分が書くならなんて書くだろう・・とりあえず「仕事を頑張ります」

本日は「雪花絞り浴衣」

▼雪花絞りを畳んで頂いてるHさん、ご夫婦で浴衣をご購入頂きました!
仕立てが終わり羽織ってみられましたが凄くお似合いで素敵ですね~!!

IMG_0001

帯や下駄をどのようにコーディネートされるか楽しみです(^^)

たばた



2017年7月5日 

第1795話:ホタル絞り

王将で餃子二人前(12個)を頼みまして、まぁ王将って安いし早いし美味いし食材は国産にこだわるところが安心!!で、餃子めっちゃ熱いんですよね!焼石を口に放り込んだかのようにとにかく熱い!フガフガしながらヤケドしないようにゆっくり食べてたのですが、まさかの最後の12個目で口の中ヤケドするとゆう熱の抜けなささ!凄いわ!!
帰り道、車で左指示器を付けて細い道を左折しようと思ったのですがカーブミラーを見るとその曲がりたいと思ってる細い道の向こうから車がこっちに向かって来てるのが見えたので当然指示器を付けたまま出てくるのを待っておりました。そしたら前から直進して来た自転車のおばさんが“曲がりたいなら先にどうぞ”的な顔して止まってくれはるのはいいのですが僕的には今曲がったらこっちに向かってる車が“おいおいなんで入ってくんねん!待っとけよ”となるのでおばちゃんお先にどうぞと合図したのですが、おばちゃんは“いやいや、あんたが先に行くべきや!私はあんたが行ってから通るんや”って顔で断固として動かないんです!まぁ細い道から車が出てくるまではとりあえずどっちも止まってればいいかと思ってたのですがそんなこと知る由もない後ろのトラックがクラクション鳴らしてきて“何を譲り合いしとんねん!おばちゃんは止まってるんやからお前が曲がったらええやんけ!”と言わんばかりに何度も鳴らしてくるんです!
腹立つわ~、こっちはおばちゃんと譲り合いしてるんじゃないわ!だとしたら全く動く意思の無いおばちゃんに無理やり先行かそうとしてるおかしな奴やん!じゃなくてそのもう一手先を読んでると言うか、なんなら細い道から出てくる車がおばちゃんとぶつからないかとか、トラックが僕を追い越した際に細い道から出てきた車とぶつからへんかとか、二手、三手先を読んで心配までしてるわけですよ!それをここまで追い込むかね!!と思ったら細い道からようやく車が出てきて、手も挙げずスマホ運転ですよ!!あかんでしょ!こうゆう奴は口の中ヤケドしたらいいと思ってます!!

本日は「ホタル絞り」

▼ジメジメと蒸し暑い日が続いておりますが干し場は涼し気に麻の生地にホタル絞り。

IMG_9899 (640x480)

京都はもうすぐ祇園祭これからまだまだ暑くなりますねぇ、

たばた