第1864話:ムック本カバン染色

染色の染めムラや色ブレなどのほとんどは生地の状態で大きく変わります。一見真っ白で何も付着していないように見える生地でも生地が織られる際の糊やチリや埃や光沢を出すための科学薬品や油などなど・・目には見えない染色には不純物なものが生地に沢山付着しております。これらを取り除かないと思った色に染まらなかったり均一に染まらなかったりします。ですが染色することを前提にしていない生地にはどうやっても取れない不純物もあり、それが目に見えればいいのですが染色してから結果として色ブレや染めムラとして浮き上がってくるもですので染色ミスとなってしまうのが浸染めの痛いところではあります。しかし縫製後や絞り加工後でも染めることができるのは浸染の良さだと思います。

本日は「ムック本カバン染色」

▼「カバン付き|SOU・SOU 15周年記念オフィシャルファンBOOK」通りかかった本屋さんで購入しました!!

▼付録の肩掛けカバン 穏大 肩ゆい。

▼さっそく染めてみようと思います。まずはしっかり糊抜き。

▼今回は反応染料で無地染めを行います。

▼青と黄色を混色して緑で染めたいと思います。

▼濃い目に染めたつもりですが、やはり染色後取り除ききれなかった糊と一緒に染料も若干ですが流れてしまいました。

▼結果少し薄目の黄緑で完成です!!

少し楽しんだ後は抜染して別な色に染めてみたいと思います。

たばた

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です